プログラミングを学習する理由【クリエイター必見】

プログラミング人気で学んでいる方、学ぼうと思っている方いると思います。僕もその1人。普段はヘンテコな服を作っている僕ですが、 なぜ「プログラミング」なのかを話していこうと思います。

ものづくりをしている方、プログラミングを何となく学んでいる方の参考になれば幸いです。

プログラミングとは

プログラミングとは コンピューターにお願いするための言語です。中学生英語くらいの理解があると抵抗が少なく始められると思います。中学生英語もわからないという方は単語をその都度調べるか、「Dotinstall」という動画を見ながらプログラミング学べるWebサイトでの学習がいいかと思います。最初はそこまで英語を心配する必要はありません。学びながら身に着ければいいので。

以前書いた記事があるのでそちらも一緒に読んでみてください。

Progateをはじめての学習に選んだ理由【プログラミング初心者】

ヘンテコな服って?

表現としてヘンテコな服を作っています。 普段着とは少し違った雰囲気と思っていただければわかるかもしれません。

過去に書いた記事を見て頂ければ何となくわかるかもしれません。

12km刺繍した日本に1着しかないコート【3Dプリンター使用】

3Dプリンターが使えると人生楽しくなる【やりたいことがわからない人必見】

【アナログ3D】服に適さない素材で作ってみたグルーガンニット

2017

 

僕の表現は 「普段着」と「衣装」の中間を狙っています。「展示品として見るにはいい。でも普段着としては着ることができるような、できないような。」狙っているのはそんな中間です。

スポンサードサーチ

プログラミングを学習する理由

服作りだけでなく3Dプリンターと組み合わせて表現することもあります。

3Dプリンター作ったものは下の記事で以前紹介しました。読んでいただけたら幸いです。

3Dプリンターで服のポケットを作ってみた【無料ソフトfusion360】

プログラミングを学ぶ理由は、新たにプログラミングを取り入れたら 「面白そう。」と思ったからです。服で表現できることが増えたら楽しそうじゃないですか?布だけではできない動きを付けることも可能ですしね。考えただけでワクワクします。

プログラミング学習については以下で紹介してます。気になった方は読んでみてください。

Progateをはじめての学習に選んだ理由【プログラミング初心者】

また、スキルが増えることはできる仕事を増やすことにつながります。Web系のプログラミングであれば、ホームページ作成をしてお金を作ることができますし、 「熟練した技術」「人との繋がり」があれば、フリーランスとして PC1台でどこでも生きて行くことができます。クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングを利用してお金を作ることも可能。スキルとして身に着けておいて損はないです。

 

プログラミングと服を融合

服×3Dプリンター

先ほども述べましたが以前、服と3Dプリンターを組み合わせて表現しました。その時もかなりワクワクしたことを今でも覚えています。「自由にボタン作れるじゃん」、「インパクトある立体を組み合わせられるぞ」などなど、アイデアがどんどん湧き出てきます。まるで脳が喜んでいるようでした。3Dプリンターだけでも結構楽しいです。 さらにプログラミングが追加されたらもっと面白くなりそうじゃないですか?

服×3Dプリンター×プログラミング

服に3Dプリンターを組み合わせさらにプログラミングを組み合わせる。これは表現としてかなり多くのことができると思います。服本体に機能を持たせることもできるし、3Dプリンターで外側(ボディ)を作って内側にプログラミングした機械を入れればアクセサリーを作ることも可能。 帰宅したら付属パーツがWifiと繋がりコートのボタンが自動で外れる。以前作った鼻ポケットに手をかざすと 自動でティッシュが出てくる機能。などなど無くてもいいくだらない機能や布だけではできないリアルな動きをつけることもできます。無駄に楽しそうじゃないですか?ヘンテコな表現も技術を組み合わせれば1つ上のヘンテコへと進化をとげます。ぜひやってみたい。

スポンサードサーチ

まとめ

違うスキルを組み合わせることで新しい表現をすることができます。 プログラミング学習を始めた理由は「扱えたらもっと面白い表現ができそう」と思ったため。「服作り×3Dプリンター×プログラミング」この3つを組み合わせることで表現できることが格段に増えます。

つまり、 「見たことのないヘンテコなものを作ることが可能」ということ。

違う分野のスキルと組み合わせることで新しいモノを生みだすことができます。

また、プログラミングは扱う言語によってWebサイトを作ることができます。身に着ければ専門職として仕事をすることも可能でしょう。スキルをいくつか持つことで生活を豊かにする手助けにつながることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です