【意外と簡単】絵心ない人でもイラストが描ける

イラスト得意ですか?自分は苦手です。

特に人の絵が苦手です。目、口、眉など顔のパーツは少し位置がズレるだけで顔全体の印象が変わります。とにかく繊細で難しい!

ここでいかに苦手か実際に描いた絵をご紹介いたします。

まずはこちら、フリーペーパーに載っていた女性を見ながら描いた絵です。

千原ジュニアさんみたい。女性を見ながら描いたはずなのに。



千原ジュニアさんみたくなってしまった絵。
髪とかも描いてるとよくわからなくなるので、嫌になってきますね。

次はこちら古い雑誌に載っていた女性を見ながら描いたものです。





また、男っぽくなってしまった 。
女性を描いているはずなのに気が付いたら男性になっていることが多々あります。絵が全然うまくいかないとやる気も出ないし達成感もないので上達しません。負のループにどっぷり浸かりペンに触れることすらなくなっていきます。

でも、自分は「どうしても描けるようになりたい!」と思っていたので最近また描くようにしています。絵が描けると表現の幅やスピードが段違いなので便利すぎます。描けるようになったほうが絶対トクです。

しかし、絵を描くことがまだ好きではないのでただ描いただけでは絶対にあきます。

そこで自分がとっている方法はひたすら写す作業です。

絵にトレーシングペーパーを重ねそのまま写すような作業です。

ただ自分はゴミが増えるのが好きではないので、Adobeのillustratorを使って写しています。

構図を考える


どんなイラストを描きたいか、どんなシチュエーションにするかを決める

材料をそろえる

写すための材料を探しましょう。自分の場合は写真をひたすら撮り材料を集めました。特に人のイラストがうまく描けるようになりたいので自分や友人にボタンを押す、座るなどポーズをとってもらい写真して材料を集めました。

スポンサードサーチ

イメージしてる構図に材料を並べる

自分のイメージする配置にとりあえず置きます。そうするとあれが欲しいこれが欲しいと、材料が欲しくなるので随時追加してみてください。

ひたすら写す


イメージを固められたらひたすら写します。人の腕、角度、影の具合を意識して描くと上達すると思います。

スポンサードサーチ

オリジナルの色を塗る

ここが一番大切かつ面白いところです。普段塗らないような色を使って塗ることで独自の世界感や表現ができるのでとても楽しいです。かなりの達成感も味わえます。

今まで描いたのがこちらになります。



なんか、シュールな感じでみててワクワクしませんか?

上のイラストのようにいろんな材料を複合的に組み合わせ、独特な世界観を表現しています。

写しかつ新しく組み合わせオリジナルのイラストを作っていくことで達成感も味わえるのでまた描きたくなります。そのため、続けることで上達していくことは間違いないと思います。考えるのも楽しくなるので発想力も鍛えられると思いますしね。

今後も続けていき数が増えたらギャラリー展示し発信していきたいと思います。

また、服との組み合わせも考えているのでどうなっていくか自分でも楽しみにしています。

お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です