3Dプリンターが使えると人生楽しくなる【やりたいことがわからない人必見】

3Dプリンターを使えるようになってからものづくりが 飛躍的に楽しくなりました。今回は魅力を紹介いたします。

 

3Dプリンターとは

3Dプリンターとは3Dデータをもとにプリントすることができる機械のこと。3DデータはCADというソフトを利用して作成していきます。3Dデータを作ることができればほぼ何でも作ることが可能な魔法の機械です。ワクワクしますね。

3Dプリンターには種類があって出力の仕方が機械によって違います。そのため出力の種類、素材の違いによって質感が異なるのでどれが適しているか見極めなければいけません。

なれるまで大変ですが、使いこなせるようになると劇的に楽しくなります。

3D プリンターの出力方式

3Dプリンターにはいくつか方式があります。

積層方式

スライス状の層を1枚1枚作っていく方式です。3Dプリンターで一般的な方式もの。家庭用の3Dプリンターもこのタイプが多いです。少し目が粗く簡易的なイメージですがヤスリで整えれば問題なし。今回僕が使用したのもこのタイプです。

光造形方式

液体樹脂に光を照射して固める方式。すごくきめ細かくプリントされるのでとてもきれいです。しかもなめらか。最も古い3Dプリント方式と言われています。

粉末焼結積層方式

敷き詰めた粉末状の素材に赤外線レーザーを当てて焼き固めます。質感はざらつきがありますが強度があります。そのため部品として使うことができます。

 

いくつか種類がありますが家庭用は積層方式」か「光造形方式」が一般的です。使用するときは換気しながら行ってください。

家庭用3Dプリンター

家庭用3Dプリンターは低価格化してきたので購入を検討してみてもいいかもしれません。

XYZプリンティング3Dプリンター ダヴィンチ1.0 pro

ダヴィンチは結構有名で僕が初めて体験したのもこれでした。懐かしい。

 

ニンジャポット

小型でお値段も抑えめ、ちょっとしたものをプリントするならいいかもしれません。

zortrax M200 Plus

今回使ったのものがこれの一つ前のモデルです。これは新しいバージョンですね。

 

 

プリンターは無くても大丈夫

価格帯が下がってきたとはいえ安くはありません。毎日のように使うのであれば買ってもいいかもしれませんが。

世の中は便利なので探せばプリントを代行してくれるところが見つかります。

代表的なのがDMM.makeです。

家庭用より機能が優れているので緻密なものが出来上がります。すごいですよね。お財布と相談してチャレンジしてみてください。

3Dプリンターで作れるもの

データで作れるものはたいていプリントすることが可能です。ちょっと本立てが欲しい、小さいボタンを入れるボトルが欲しい。1つだけ欲しいという欲望を叶えるにはぴったりです。助かりますね。

スポンサードサーチ

人生が楽しくなる3つ魅力

・表現の幅が広がる。

・たいていのものが作れる。

・人のためになる。

表現の幅が広がる

もの作る工程は時間がかかります。3Dプリンターが使えれば 大幅に時間の短縮も可能。ものづくりする人には頼もしい味方ですね。

他にも、自分が普段している表現方法に3Dプリンターを組み合わせることができるので表現の幅が広がります。もう一つの武器が手に入るなんて想像しただけでワクワクしますね。

 

たいていのものが作れる

3Dデータを作ることができればたいていのものは作れます。需要なことはデータを作るCADを扱えるようになること。CADはなれるまで大変ですが徐々に楽しくなっていきますので安心してください。CADはFusion360というソフトを使用して作っていきました。無料でしかも使い勝手がいいのでオススメです。無料で使えるとはかなりありがたい。リンクを貼っておくので気になる方はみてください。

  Fusion360

僕は書籍を見ながら独学で勉強しました。技術書はかなり丁寧に書いてあるので分かりやすいです。全くの初心者(僕)でも大丈夫でした。

使用した技術書のリンクも張っておきます。

オススメ技術書

人のためになる

3Dプリンターの技術は使い勝手がいいのでちょっとしたものを作るのに最適。例えばネジや細かい部品などを無くしてしまったとき3Dプリンターがあれば作れます。ネジであればホームセンターにあるかもしれませんがカバーや抑え部分みたいに 売って無いモノが作れることは大助かりなはず。人のためになること間違いなしです。

3Dプリンターを学んだ理由

3Dプリンターを学ぼうと思った理由は服を作るときに 表現の幅が広がると思ったためです。普段服作りをして表現をしていますがそれだけだと幅が狭いと感じました。そこで幅を広げるために学び始めたのが3Dプリンターです。予想通り今までにないものを作ることができました。世界が広がった気分になりますね。

スポンサードサーチ

まとめ

3Dプリンターを実際に使ってみて感じたメリット、デメリットが以下になります。

メリット


・技術書で学習すればある程度使いこなせる。

・3Dプリンターを買わなくてもプリント業者に発注すれば出力可能。

・学び始める初期費用がそこまで高くない。PC代とネット代と技術書代くらい。PCが使える環境なら技術書の3000円くらいで始められる。

・なれるとホント楽しい。

デメリット


・プリンターの出力方式で出来上がりが変わる。

・プリンター本体が初めてやる人にはまだ高い。

・プリント屋にお願いしても安くはない。

・プリントするのに時間がかなりかかる。

 

3Dプリンターにはいくつか種類があり家でも作ることができます。そのためにまず3Dデータを作れるようになることは必須条件。技術書を見れば親切に解説してくれるので問題なく成長できますよ。

データを作ることができればものづくりがいつでも制作可能。部品やちょっとした小物を作ることもできるので人の役に立つスキルだといえます。

ものづくりをしたいけど、手先が不器用で踏み出せなかった人ほどチャレンジして欲しい分野です。ものが作れるってすごい楽しいですよ。やってみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です