ボロボロになるまで使いたいエプロンがこちら

こんにちは,ヒキノです。(@hikino.yuta)

前回染色レポートを紹介しました。見ていただけましたか?染め物に挑戦してみたいという方は是非ご覧ください。黒の話とか比率とか意外とタメになるかと思います。

今回は前回染めたネイビー(青紫より)の生地を使用して、長く使えて、雑にも扱える、なんとも使い勝手の良いエプロンを作ります。

DIY作業時にエプロンがあると便利なので。

動画で制作の裏側を公開中!ぜひ、ご覧ください。

エプロンの制作裏側(動画)

使用素材

ウエポン(白)

ワークウェアで使われることもある、ウエポンを使用します。上品なツヤがあり尚且つ、丈夫さも兼ね備えている優れた生地です。この生地を前回青紫色に染めたので、それを使っていきます。

染めた生地がこちら

紺色(青紫)

実は茶色も作っていました。

茶色に染めたウエポン

オイル汚れが似合いそうな色合いがすごくいいです。今回はわりとメンズ向けなものになってます。単純に自分が欲しかった!というのも理由の1つです。

ウエポンは綿100%なので、ガシガシ洗濯機で洗うことができます。扱いが楽なので助かりますね。

デザイン

壊れても修理がしやすいようにシンプルな腰巻スタイルです。メモやスマホ、小物を入れられるようにポケットも装着。ポケットは内側にもう1つ付いています。別けれるって意外と便利なんですよね。モノが少し多いときとか特に。

ペンも意外と使うのでホルダーも追加。最低限ではありますが、DIYはもちろん、料理をするときも使えます。

センターにベントを持ってきているので、快適に動くことができます。丈は、85cmと長めで、ズボンを汚さないことを目標としています。本当は靴を木くずや水しぶきから守りたかったですが、誤って踏んだり、工具と絡まったりしたら危険です。そこを配慮してこの長さになりました。

スポンサードサーチ

完成品

ほぼデザイン通り綺麗にできました。ネイビーは少しむらがあり、古着をリメイクしたような佇まい。きれいすぎず、やや武骨な生地の表情が激シブです。ガシガシ使ってくれる方に、ネイビーは着て欲しいですね。

実際に着てみた

ベージュエプロン着装画

少し無骨な表情をしていましたが、身に着けるとなんとも綺麗なシルエットに。家具作家の方に身に着けてもらいたい。そんな気にさせるエプロンですね。ガシガシ作業される方に似合いそう。

サイズ感は大きく見えるかもしれませんが、男女兼用です。メンズライクが好きな方にはピッタリでしょう。縦85cm×横100cmなので多くの方が着用できるかと思います。

スポンサードサーチ

まとめ

かなり丈夫でいい生地なので、今回はシンプルな腰巻型のエプロンを作成しました。着脱、洗濯、修理すべてが比較的楽に行えるので長く愛用できるでしょう。染色をしたので徐々に色が落ち、アタリや傷など使うごとに経年変化していきます。ますます愛着がわくことは言わずと知れたことでしょう。

オイルが似合いそうな茶色は自分で使うことにします。ネイビーは1着のみですがミンネで販売しようかと思っているところです。気になることがありましたらミンネでメッセージして頂けたらと思います。

DIYの作業が楽しくなりそうだなー

最後まで読んでいただきありがとうございました。では、また。

 

制作の裏側も是非、ご覧ください。

エプロンが出来上がるまで(動画)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です