2017

I(わたし)
自分の価値観、モノの見方、考え方は人それぞれ。

何も感じなかったり不思議に思ったり魅力だったりする。

人によっては感じ方が違うのは当たり前。


しわ

歳を重ねるごとに増えていくしわ。

姿勢が悪くてついたしわ、癖でついたしわ、笑っていくうちについたしわ。

それはその人の歴史の形でもある。

ウールの縮む特性を利用してしわを出している。

まぶた

まぶたから着想

ファスナーを開け閉めすることでひとえ、ふたえと変えることができる。

そのため半袖から八分丈まで変更可能。

スポンサードサーチ

胸毛

ワイルドな胸毛から着想

布は30~40年前のジャケット、コートを再利用したものである。

ジャケットは父、コートは祖父が所有していたもの。

胸毛の部分はウールのジャケットを解体し再利用している。

コートは少し形をいじりワンピース状にしてある。

昔の布だけあって質感がいい。

多様

東京に来ていろんな人と出会った。

そこで出会った人たちは考え方、とらえ方、表現の仕方の幅が広く感じた。

ホームレス、LGBT、外国人

とらえどころのない多様性を表現している。

スポンサードサーチ

キズ

手術跡、やけど、切り傷

自然には完全に戻らないその線はどこか美しい。

見れば見るほど惹かれていく。

そんな傷をファスナーや無数のタックで表現している。

イボ

イボから着想

ホクロとは違いイボはプックリと立体的で1つあるだけで大きなインパクトをあたえる。

インパクトあるイボをコートではアイレットでワンピースでは白黒の塩ビ版で表現している。

スポンサードサーチ

衣装提供

※赤のワンピースはマリエさん衣装として使用していただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です