【#4ファンクションベスト】夏のひと添え

こんにちは,ヒキノです。(@hikino.yuta)

季節気温によって着る服は異なるかと思います。特に季節の変わり目は着る服が難しい。コーディネイトもそうですが、一番気になるのは温度変化。暖かくなると、アウターを脱ぐ機会が多くなる。かといって薄着だと日差しが隠れてしまうと鳥肌が立つ。変わり目というものはいつもの僕たちを悩ませます。

 

今回はそんな季節の変わり目でも問題なく使える、ベストを制作しました。夏に向かうにつれ重ね着量は減り、布の厚みも薄くなっていきます。その時に困るのが、収納面。

収納に便利なアウターを脱ぐと、スマホや財布などモノをしまう場所に困ります。特に荷物を最小限にしたい方には。

収納箇所が無いのでパンツにしまいがち。ポケットはリスのほっぺのようにパンパン。これは見た目が悪いですよね。今回は収納問題を解消します。

ポケット機能を重視したベスト、ファンクションベストを作ります。動画も公開していますので、気になる方は是非見てみてください。

デザイン

今回は春~夏まで使うことを想定してデザインします。軽量化と熱がこもるのを防ぐため、布面を極力減らします。機能重視でいきたいので、ポケットは4つ。

4つあれば収納面は十分です。小さいバッグ(サコッシュ)2つ分くらいの収納力になるかと。それくらいあれば十分ですよね。夏の薄着時にも活躍するでしょう。

これ以上ポケットの数を増やすと、見た目が散らかり始めます。また、軽量化させたいので、極力布量は増やしたくないため増やしません。

ちょっと問題

問題が起こるのはよくあることです。今回の問題はバランスです。見た目のバランスというより、設計面でのバランス。

後ろの調節金具が少し重さがあるようで、重さにつられて左右のポケットが外側にズレてしまいます。

ズレないように、支えやどこか固定しバランスをとる必要があります。それでは修正して行きましょう。

スポンサードサーチ

デザイン修正

前身に左右を繋ぐ部分がないため、金具の重さにつられてしまいました。解消するために、左右を繋ぐようにパーツを足します。

上下ポケットのおよそ中心部にテープを縫い合わせれば完璧。これで、バランスをとることができます。

同じ素材なのでそこまで、デザインの邪魔をせず改良することができました。少し丈は長めのベストなので、ロングシャツと相性が抜群です。

完成シルエット

横線が加わり、ベストというよりはエプロンに近い風貌になりましたが、なかなか良いものになりました。

スタイリングするときはシンプルな服と合わせるのが良さげです。特に、ロング丈のものと合わせるとよいバランス感になりますね。簡単なスタイリングで決まるので実用性高いベストです。

柄物と合わせる場合、花柄や可愛らしい柄など控えめながらとは相性が良くありません。アロハシャツのようなパワフルな方が相性がいいでしょう。シンプルなデザインがモンドリアンの直線のように、まとめてくれます。

いろいろと試し買いがありそうなベストになりましたね。今後が楽しみな1着。

紐部分が少し太いので、猛暑のときは汗ジミ注意。初夏くらいまでが気持ちよく使えるかもしれませんね。だいたい28℃~30℃くらいでしょうか。夏になったら実験してみようと思います。

スポンサードサーチ

まとめ

今回は春~夏にかけて使えるファンクションベストを作りました。暖かくなると、アウターを脱ぐ機会が増えがち。アウターの収納力を使えないのが厳しいところですよね。その問題を解消するのが今回のベスト。

半袖や薄着の季節でこのベストが本領発揮。薄着の際、収納に困る方は参考に作ってみてもいいかもしれません。販売するかどうかは考えてみます。多分しないかも…。

今回合わせた白のロングシャツは以前作ったものです。そちらの記事も読んでみてください。

【#3 ロングシャツ】ただの春服じゃない、これはスマートウェアである

 

最後まで購読、ありがとうございます。

動画も良ければご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です